視力回復法で近視改善!

視力回復の方法にはトレーニング、レーシック手術、メガネやコンタクトレンズなどがあります。あなたにもっとも適した近視改善法で視力をアップしましょう!

サイトトップ > 視力悪化を防ぐコツとは?

視力悪化を防ぐコツとは?

視力悪化を予防し、急激な視力低下を防ぐコツは、一体何でしょうか?これは、もうたった一つしかありません。

目の酷使をしないことです。
とはいっても、現代はパソコン時代。仕事でもパソコン作業は欠かせませんし、自宅でもインターネットは必需品でしょう。小学生の子供でも、ゲーム機のしすぎは目に悪いことは分かっていても、面白いので、どうしても長時間遊んでしまいますよね。つまり道徳論では、視力の悪化は対策できないのです。

ダイエットを考えてみてください。
太らないためには、カロリーを制限する必要があります。でも、おいしいものを我慢していたら、ストレスがたまりませんか?おいしいものを食べることが、人生の楽しみの一つであるはずです。

つまりおいしいものをたくさん食べても、そのあと運動をたくさんして、カロリーを消費すれば、プラスマイナスゼロになり、太らないのです。この場合の条件として、できるだけ早く、その日のうちに有酸素運動や筋トレをしてカロリーを消費することが重要です。

視力回復でも同様です。
視力の悪化が起きるのは、目を酷使してそのまま放っておいた場合です。パソコンで目を酷使したら、1時間に1回でも手を休め、1時間分の目の疲れを解消しましょう。つまりダイエットにおけるカロリー消費です。ドミノ倒しのストッパーのように、定期的に目のメンテナンスを行なうことで、急激な視力低下を予防できるわけですね。

視力悪化を防ぐ原理が理解できたところで、その方法ですが、まばたきが有効です。目を強くまばたくのです。顔全体を収縮させるようなイメージで、5回連続で目をギュッとつぶります。最後に3秒くらいその状態を維持します。力を抜くと、せき止められていた血液が目のなかに一気に入ってきて、目の疲れは吹き飛びます。これが世界でもっとも簡単な、視力悪化を防ぐ目のエクササイズです。

そのほか視力悪化を防ぐ方法には、目のツボ指圧があります。目頭のツボは有名ですね。目頭のやや上を、鼻の方向に指圧します。眼球を圧迫しないように気をつけます。そのほか眉毛にも視力回復のツボがあるので、このあたりを人差し指を折り曲げて、第二関節の内側で、眉毛のラインに沿って、内から外へと何度もしごきましょう。同様に目の下も、同じ指の部分で、内から外へとしごくと効果倍増です。

こめかみには、太陽という視力のツボがあります。
ここは別名「目医者ごろし」というほどで、眼病が予防できてしまうために、目医者が失業してしまうという威力を持っています。こめかみのツボは、ものを噛むときに動く部分。だから「米噛み」です。ここを手のひらで軽くたたいてみましょう。これなら、細かい部分がわからなくても、だれにでも実行できますね。

視力悪化を防ぐコツをまとめると、目を使ったら、できるだけドミノ倒しのストッパーのように、その場で疲れ目を解消すること。その方法は、強いまばたきと目のツボ指圧の二つです。ぜひ実行してください。仮性近視を予防・改善する効果があります。

目と視力の基本一覧