視力回復法で近視改善!

視力回復の方法にはトレーニング、レーシック手術、メガネやコンタクトレンズなどがあります。あなたにもっとも適した近視改善法で視力をアップしましょう!

サイトトップ > 視力にいい食べ物とは?〜ルテインやアントシアニン

視力にいい食べ物とは?〜ルテインやアントシアニン

視力にいい食べ物として有名なものに、ブルーベリーがあります。これにはアントシアニンという紫色の色素成分が含まれています。これはポリフェノールの一種で赤ワインやナス、赤ジソなどにも含まれています。

ブルーベリィーを摂取すると、目の疲れが解消できたとか、夜目が利くようになったとか、よく聞きます。視力の食べ物として期待がもてそうです。

ブルーベリィが視力にいいのは、アントシアニンが網膜の視細胞ロドプシンの再合成化を促進するため。パソコン作業を続けていると、強い青色光を受けるために、ロドプシンの再合成が追いつかなくなって、目がチカチカするのです。そこでビルベリーとかカシスなどに含まれるアントシアニジン配糖体を摂取すると、疲れ目が解消でき、眼精疲労の予防になるわけですね。

ロドプシンといえば網膜の桿体細胞の視物質ですから、暗やみでも、ものがよく見えるようになります。暗順応の機能を高めてくれるのです。この場合、ビタミンAという素材を摂取することが、前提条件になります。このようにブルーベリーに含まれるアントシアニンは、視力にいい食べ物といっても、それは視力回復という意味ではなく、疲れ目の解消とか暗順応という意味ですね。

アントシアニンは、視力にいい食べ物といわれますが、それは眼病を予防してくれるからでもあります。アントシアニンには、脳や目の網膜の血行をよくする作用があるからです。目の血行がよくなれば、毛様体筋の緊張がとけ、仮性近視が回復する可能性があります。

視力にいい食べ物は、そのほかにルテインやビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB群などがあります。これらの視力回復サプリメントも、ブルーベリーと同様に、疲れ目解消や眼病予防に効果が期待できるのであって、近視が視力回復できるわけではありません。ただ仮性近親の改善には、有効かもしれません。

ルテインは視力にいい食べ物といわれますが、これもアントシアニンと同様に、目の病気の予防に力を発揮します。ルイテンは緑黄色野菜に多く含まれています。ケール、ほうれん草、ブロッコリーなどですね。

ルテインは、眼球内のあらゆる組織に含まれていて、目がもっとも必要としている栄養素の一つです。もともとは水晶体と網膜の黄斑部にだけ含まれているとされていましたが、近年になって眼球に高濃度に含有されていることがわかったのです。

ビタミンCも視力に効く食べ物です。
水晶体の酸化変性を防ぐので、白内障を予防する効果があります。また角膜や網膜の黄斑部も保護します。

ビタミンAは、目の表面の粘膜とか、網膜を守る、視力にいい食べ物です。ロドプシンの素材でもありますね。ビタミンAが不足すると夜盲症になりますが、現代ではほとんどありません。ビタミンAの摂取は、上皮組織の活性化に役立ちます。ビタミンB2も同様ですね。

ビタミンB群は、ダイレクトに視力に利く食べ物です。
というのは、視神経伝達にかかわっているからです。もし網膜に届いた映像がうまく脳へと送られなければ、視力低下の現象が起こりえます。昔はビタミンB1不足で脚気弱視が起きたものですが、今はありません。

ビタミンB1の摂取は、目の疲れを解消します。
眼筋の疲れをとるのです。ビタミンB2は粘膜の保護、ビタミンB6は、免疫にかかわり、ビタミンB12は造血に深くかかわっています。

そのほか視力に関する食べ物には、角膜や水晶体の素材となるコラーゲン、強膜を強くするカルシウム、毛様体筋の素材となるコンドロイチンなどがあります。

青魚に含まれているDHAは、神経の伝達をスムーズにするので、視力に関係の深い食べ物です。イチョウ葉は脳の血流をアップさせるので、目の血行もよくします。目と脳は深く関わっていて、目は脳の出先機関だからです。

視力回復の方法とは一覧