視力回復法で近視改善!

視力回復の方法にはトレーニング、レーシック手術、メガネやコンタクトレンズなどがあります。あなたにもっとも適した近視改善法で視力をアップしましょう!

サイトトップ > 穴あきメガネの効果とは?〜ピンホールメガネで視力アップ?

穴あきメガネの効果とは?〜ピンホールメガネで視力アップ?

穴あきメガネは、いわゆるピンホールメガネのことです。

本来レンズに当たる部分がプラスチックなどになっていて、そこにいくつかの穴があけられています。ピンホールアイマスクとか視力アップアイグラス、または視力回復メガネと呼んだりもするようですね。

穴あきメガネといえば、昔はさかんに雑誌の広告に載っていたものです。そこでは近視が視力回復すると、さかんに謳っていたものですが、実際は、近視が劇的に改善することはありません。

今はダイソーとかの100均といった100円ショップに行くと、大門型のピンホールメガネが販売されています。これは穴が多すぎます。穴が少なくて、もっと質がいい穴あきメガネは、ネット上の通販で販売されています。マリンブルーとかもあるので、お気に入りのアイテムを選ぶといいですよ。

穴あきメガネを装着して、外界を見ると、小さな穴をとおして見ることになるので、ピンホール現象によって、ものがハッキリ見えるのです。遠くのものも近くのものも、目の調節を必要とせずに、らくに見ることができます。そのため近視、遠視、乱視、老眼のどれであっても、目の疲れなく、ものを見続けることが可能です。

穴あきメガネは、このように通常の矯正用メガネレンズを装用しなくても、ピンホール現象によって、ものを明瞭に見ることができます。しかし、そのぶん毛様体筋の調節が休まるので、目の疲労解消、眼精疲労の予防に効果が期待できる程度です。そのほか仮性近視が視力アップすることもあるでしょう。

でも視力0.01レベルの強度の近視では、この穴あきメガネを着用して、視力が良くなることは、ほとんどないといえます。なぜなら視力0.1以下の軸性近視は、眼球がラグビーボールのように楕円状に伸びているからです。穴あきメガネの効果は、せいぜい毛様体筋の緊張やコリを取る程度なのです。

穴あきメガネでよく見えるからといって、べつに視力が回復したわけではありません。前述したように、これはピンホール現象。つまり眼を細めるとよく見える、あの現象です。

これは小さな穴を通った光は、水晶体の中央部を通るので、ほとんど屈折の影響をうけなくなり、焦点深度が深くなるためです。水晶体の周辺部では収差の影響をうけますが、中央部はその影響をうけないわけです。

収差をわかりやすくいうと、どんなに分厚い近視矯正用メガネでも中央部はゆがみませんが、レンズの端に行くほど像がゆがみますよね。このようにレンズの中央部は収差が少ないのです。

穴あきメガネを自宅で掛けてテレビを見る分には、いいかもしれませんが、本の活字を読むとなると、ちょっと不便な感じがします。穴が邪魔して、スムーズに読めないような気がします。映画鑑賞にはいいかもしれませんが。あと寝る前のリラックスタイムとかですね。体のストレッチでもしながら、穴あきメガネを掛けてみましょう。

視力回復の方法とは一覧