視力回復法で近視改善!

視力回復の方法にはトレーニング、レーシック手術、メガネやコンタクトレンズなどがあります。あなたにもっとも適した近視改善法で視力をアップしましょう!

サイトトップ > 視力回復センターの効果は?〜初期の近視や子供には有効

視力回復センターの効果は?〜初期の近視や子供には有効

視力回復センターの効果は、一体どの程度なのか、気になるところですよね?

このような施設やクリニックは、いくつかあります。
たとえば有名なところでは東京視力回復センター、眼育総研の近視アスレチック、視快研のアイ・トレーニングなどです。

こういった視力回復センターは実店舗を構えると同時に、インターネット上でも通信教育のような活動を展開しています。つまり自宅にいながらにして、同様の近視改善訓練を、毎日簡単に実行できるというわけですね。

さて気になる視力回復センターの効果ですが、仮性近視程度は、近視回復するでしょうが、それほど期待しないほうがいいと思います。なかには、視力0.3が視力1.2に改善したという小学生の子供もいるでしょう。

こういった視力アップの背景には、子供や幼児であること、仮性近視や屈折性近視で眼球が構造的変形を起こしていないこと、近視歴が浅いことなどがあげられます。

ただし視力回復センターのすべてとはいいませんが、かなり無理して水晶体を毛様体筋で引っぱり薄くしているので、目の訓練をやめたとたん、急激に視力が低下していったという話も耳にします。網膜の感度を、通常よりも高めることによって、屈折率が変わらなくても、視力がアップすることもあるかと思います。これは、かなり無理した見方です。

たとえば1日2時間掛けて、高い視力を維持できたとしても、その2時間の視力訓練を中止したら、視力が維持できなくなって、視力が減退していったら、意味がありませんよね。高い視力を保つには、それこそ一生涯、毎日2時間の視力回復トレーニングを続けねばならなくなります。時間に関しては施設によって違うと思いますし、10分や15分の訓練でいい場合もあるでしょう。

視力回復センターの効果は、このように確かに視力がアップすることもありますが、その維持のためには、毎日長時間の目の訓練が必要になります。あなたが視力回復トレーニングセンターへの通院をやめたあとでも、習ったことを生かして、家で一人で毎日、目のエクササイズを持続できるのなら、いいでしょう。

視力回復センターでは、5メートル以上はなれた壁にある視力検査表のランドルト環を、矯正用メガネをかけたりしながら、凝視したりします。室内凝視訓練法ですね。あるいは、遠くのランドルト環と近くの指標を交互に見る遠近体操法を行なって、毛様体筋を強化し、緊張を解く訓練も行なったりします。視力回復センターで効果的に毛様体筋をリラックスできるので、仮性近視には有効だと思います。

しかし、毛様体筋を弛緩させるのは、眼科の点眼治療、つまり散瞳薬(ミドリン、サンドール、ミオピン)で良くなる場合がありますし、眼科のワックという機械で、雲霧法や望遠訓練を行なうことで改善することがあります。眼科の通電療法もあるでしょう。

そのほか視力回復センターの効果と同様のものが、3Dの立体視ができるマジカルアイなどの視力回復の本だとか、穴あきメガネであるピンホールメガネ、アイトレーナーなどの視力回復訓練機を使用して、実現可能のように思います。

東京視力回復センターでは、室内凝視訓練法以外に、超音波治療器ソニマックという器具を使って、目の血行もよくして、相乗効果によって、近視や遠視、乱視、老眼などの視力回復を目指しているようです。そのため、ある程度の効果は期待できます。

視力の機械を使わずに目をトレーニングすることもあれば、視快研のように、ずらっと視力回復訓練機が並んでいて、多くの子供や大人がいっせいに、目を運動できる施設もあります。マシンを使えば遠くと近くが瞬間的に切り替わるので、一人ではできないような、目のトレーニングができるようですね。

視力回復センターの効果は、クリニックによってさまざまです。近視アスレチックを標榜する眼育総研では、眼を大きく動かしたりするので、毛様体筋だけではなく、外眼筋もトレーニングするようですね。もともとオプトメトリストの人たちから派生した視力センターだと、何かで読みました。

結局、視力回復センターの効果は、ひとそれぞれであり、特に目が柔軟で発達途上にある小学生の子供ほど有効ということです。また、たとえ視力回復センターに通院することで、近視改善に効果があったとしても、それは毎日視力訓練を持続して維持していく必要がある、ということです。

そうでなければ、せっかく向上した視力が、再度低下していき、視力0.1以下にまで下がる可能性だってあるのです。

視力回復の方法とは一覧