視力回復法で近視改善!

視力回復の方法にはトレーニング、レーシック手術、メガネやコンタクトレンズなどがあります。あなたにもっとも適した近視改善法で視力をアップしましょう!

サイトトップ > 簡単な視力回復トレーニングの方法とは?

簡単な視力回復トレーニングの方法とは?

簡単な視力回復トレーニングの方法を解説します。

簡単にできる近視回復訓練とは、自宅にいながらにして、いつでもどこでも、誰にでも実行可能な目のトレーニング法です。

簡単な視力回復トレーニング法の基本は、道具を使わずに訓練することですが、もしすでにピンホールメガネとか3Dの立体視ができるマジカルアイ、あるいは視力回復機を持っている人は、そういった視力回復グッズを活用してもいいでしょう。

3Dのマジカルアイとかマジックアイ・エクササイズという視力回復の本は、ただ平行法とか交差法で眺めるだけなので、簡単な視力回復トレーニングの方法のひとつです。

ピンホールアイマスクも、家の中でただ装用しているだけなので、誰にでもできますよね?でも、視力アップアイグラスは、近視トレーニングというよりは、目の疲労の解消とか、仮性近視の予防程度の効果しかないので注意しましょう。

そのほか超音波治療器ソニマックや、覗くだけの視力回復訓練機も、簡単な視力回復トレーニングの方法ですが、宣伝しているほど効果はないものです。低周波治療器なんていう機械もありますね。

超音波治療器ソニマックやミオピア、アイパワーは、毛様体筋や外眼筋のこりをほぐしたり、網膜の血行をよくします。ただ目を閉じているだけなので、近視トレーニングというより、疲れ目の解消法といった感じです。小学生や幼稚園児の仮性近視の予防や改善には有効でしょう。老眼にも効くと聞いたことがあります。

ただ覗くだけの視力回復器は、スーパービジョンとかアイトレーナー、エコーアイトレマシン、メガトレなどがありますが、これも簡単な視力回復トレーニングの方法といえます。ただ、眼科のワックという機器が基本原理になっています。同じような目の訓練は、眼科に行けばできるわけですね。そして、仮性近視程度にしか効果はありません。

真に効果があって、簡単な視力回復トレーニングとは、実は自宅で、すぐに誰にでも行なえる方法だったりします。もちろん視力回復センターや眼科の通電療法に通院すれば、それなりの視力回復効果は実感できるでしょうが、通い続けるのは大変です。

簡単にできる視力回復トレーニングの方法とは、たとえば遠くの一点を凝視する遠方凝視訓練法です。壁にかかっているカレンダーの文字を見てもいいのです。少し見づらいレベルの文字を「見よう!」という意識でもって凝視します。これは東京視力回復センターでも行なわれている「室内凝視訓練法」でもあります。この目の訓練法によって、毛様体筋を弛緩させ、水晶体を薄くできるようになります。

そのほか遠くのものと近くのものを、交互に見比べる「遠近体操法」があります。目の前に立てた指先と、部屋の壁の文字を交互に見比べましょう。1秒ずつでもいいし、5秒ずつでもいいです。とくに時間に決まりはありません。これは、とても簡単な視力回復トレーニングですよ。

目を前後に動かすことによって、あなたの目のなかでは、毛様体筋という遠近調節を司っている筋肉(内眼筋)が緊張と弛緩をくり返して、強化されます。同時に、コリがほぐれてきますので、遠くにピントが合うようになってきます。仮性近視や屈折性近視に有効な近視の視力回復トレーニングです。

そのほか外眼筋を鍛える視力訓練もあります。
これも簡単な視力回復トレーニングの方法です。目を高速で動かすだけですから、容易です。パソコンの四隅を視点移動させましょう。対角線で10秒ほど結ぶのです。2セットで十分です。1日1回でいいでしょう。やりすぎると、逆効果です。

この眼筋トレーニングは、簡単な視力回復トレーニングの方法ですが、視力0.01という強度の近視が近視改善できる、唯一の方法だと思っています。4本の直筋が強化できれば、だらしなく伸びた眼球を手前にグッとひきつけて、眼軸を元に戻し、眼球が正常な形に回復する可能性があります。これをベイツス理論といいます。この眼の訓練は、近眼以外に、遠視、乱視、老眼にも効果があります。

この眼筋トレーニングを、とてもわかりやすく解説している視力のマニュアルが、川村明宏教授の視力回復法です。これは、もっとも簡単な視力回復トレーニングの方法といえます。

視力回復の方法とは一覧