視力回復法で近視改善!

視力回復の方法にはトレーニング、レーシック手術、メガネやコンタクトレンズなどがあります。あなたにもっとも適した近視改善法で視力をアップしましょう!

サイトトップ > 視力回復を簡単に達成する方法とは?

視力回復を簡単に達成する方法とは?

視力回復を簡単に達成する方法は、ふたつあります。

ここでいう視力回復とは、わずらわしいメガネやコンタクトレンズなどの眼科矯正器具を使用しない方法です。もちろんオルソケラトロジーやオサートでもありません。

まず視力回復を簡単に実現する一つ目は、レーシック手術などの視力回復手術です。レーザー角膜屈折矯正手術には、レーシックのほかにPRK手術、ラセックなどがありますが、レーシックがもっとも即効性のある近視回復法です。手術後すぐに視力がアップするので、日帰りすることができます。

この点PRK手術やラセック、フェイキックIOLなどは、視力回復は簡単に実現できません。角膜表面が光学的に不安定で、しばらくはよく見えなかったり、痛みが伴います。片目ずつの手術になります。

主流のイントラレーシック手術は、強度の近視でもある程度までは、視力アップできます。週末にレーシックの手術を受けて、月曜から元気に裸眼で出勤ということも可能です。このようにレーシック手術は、視力回復を簡単に実現できます。

そのほか目を良くする方法としては、民間の視力回復トレーニングの方法があります。毛様体筋や外眼筋を鍛える眼筋トレーニングは、毎日つづけていくことによって、少しずつ効果が現れてきます。視力0.01とか0.03という強度の近視は、長い年月の視力訓練が必要でしょう。とても視力回復を簡単に実現できるものではありません。

そこで、ここでは視力アップをその場で実感できる、目のエクササイズをご紹介します。つまり視力回復を簡単に達成する方法ですね。それは強いまばたきと目のツボ指圧です。

目をギュッと強くまばたくと、目のなかに一気に血液がながれこんでくるので、目の血行がよくなります。もちろん蒸しタオルを目にあてても目の血行はよくなりますが、簡単ではありません。手間がかかります。しかし顔全体を使って目を収縮させる方法は、パソコン作業の合間にでも、いつでもどこでも実行可能な、視力回復を簡単にできる方法です。

5回連続で目をギュッとつぶり、5回目は2、3秒間、静止します。これを習慣にすれば、目の疲れが解消され、眼精疲労の予防になります。

目のツボ指圧も、視力回復を簡単に実現できる方法です。
目の血行をよくすると、毛様体筋のこりが取れ、網膜の視細胞ロドプシンの再合成化が促進されるので、一気に視力アップするのです。

この場合の視力アップというのは、その場だけの一時的な視力の向上であり、眼軸が戻るわけではありません。毛様体筋の緊張が解けるだけです。眼軸を元に戻すには、長い年月の視力回復訓練が必要です。これは分けて考えましょう。

視力回復が簡単にできる目のツボ指圧は、眉毛のツボ、こめかみのツボを覚えましょう。眉毛には、両端とまん中に三つ、左右で6つのツボがあります。へこんでいるので分かると思います。ここを痛くない程度に、気持ちよさを感じながら両手の親指で、左右同じ箇所を上に押し上げるのです。3〜5回でいいでしょう。これを何セットかくり返します。テーブルにひじをつくと、力を掛けやすくなります。

こめかみのツボ(太陽)も、視力回復が簡単にできます。
ここはものを食べるときに動く、視力回復のツボです。だから「米噛み」なわけですね。場所が分かりづらい場合は、両手の平の掌の部分で、ポンポンと軽くたたいてみましょう。パソコン作業やゲーム機で遊んだあとに、太陽のツボを刺激すると、目の血行がよくなり、気持ちのいいものですよ。

このように即効的に、視力回復を簡単に実現する方法には、レーザー治療などと、目の血行を改善する方法があるわけです。目の血流をよくする方法は、持続していけば仮性近視程度なら完治しますし、屈折性近視なら近視改善していくほどの力を秘めています。

視力回復の方法とは一覧