視力回復法で近視改善!

視力回復の方法にはトレーニング、レーシック手術、メガネやコンタクトレンズなどがあります。あなたにもっとも適した近視改善法で視力をアップしましょう!

サイトトップ > 視力アップの方法と視力訓練

視力アップの方法と視力訓練

視力アップの方法とは、現在よりも視力を上げる手段です。

視力を上げる方法には、レーシック手術などの視力矯正手術が、注目を集めています。こちらは視力0.1以下の強度近視の人に有効だと思います。眼球が伸びると、近視手術でしか、ほとんど視力回復しないというのが実状だからです。

いっぽう視力アップの方法には、従来からの視力回復トレーニングというものも存在します。こちらは反対に極度近視のための目のエクササイズというよりも、仮性近視や屈折性の近視の場合に有効な視力改善法です。

仮性近視の場合はとくに、視力訓練という視力アップ法が有効です。ここでメガネなどを常用してしまうと、視力低下が急激に進行してしまうことに・・・。仮性近視の子供こそ、視力アップトレーニングの方法に励むべきでしょう。眼科でも通電療法を行なっている目医者もあります。

視力アップの方法には、このように近視の度合いに応じて、視力の回復か、それとも視力矯正のほうが適しているかという違いがあります。しかし、もちろん両方を活用してもよいわけです。

たとえば初期の近視であっても、本当に遠くが見づらいとき、たとえば学校の黒板を一番後ろの席から見るときなどは、メガネの力を借ります。とともにそれ以外は裸眼で過ごし、家に帰ったら、自力でできる無料の簡単な視力回復トレーニングを、毎日行なうのです。

反対に視力0.01以下という強度の近視の人は、イントラレーシック手術やエピレーシック手術、PRK手術、ラセック、フェイキックIOLなどの視力矯正手術を受けたあとも、視力低下を予防するために、毎日視力訓練を続けるわけです。これによって、高価な費用で手に入れた大事な視力を低下させる危険が減少します。

視力アップトレーニングのみで視力が劇的に向上するのは、初期の近視だけです。それ以外の近眼の場合は徐々に視力アップするので、以上のように視力矯正と回復法を併用するのが賢いといえるのではないでしょうか。

視力回復の方法とは一覧